美しい淀川を未来社会へ引き継ごう

共創チャレンジ

2022.02.02

法人

チーム名鴻池未来社会デザインプロジェクト
共創メンバー坂本(鴻池運輸株式会社)
横井(鴻池運輸株式会社)
川嶋(鴻池運輸株式会社)
松尾(鴻池運輸株式会社)
西村(鴻池運輸株式会社)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ海洋、水 / 生物多様性、自然環境、生物 /

私たちの共創チャレンジ

KONOIKEグループは淀川河川敷の清掃活動を実施しています。
河川敷の清掃はそこを歩く人々が気持ちよく過ごすためだけでなく、海洋汚染対策にも繋がります。現在、海洋プラスチックごみが世界中で問題となっていますが淀川清掃の際に回収するごみのほとんどがプラスチックごみです。河川で回収することで海へのプラスチックごみの侵入を防ぎ、海の生物を守ります。
この活動を知っていただきさらに多くの方が河川清掃に取り組むムーブメントを起こしていきたいと考えています。

未来への宣言

・誰もが大阪の自慢として誇れるような美しい淀川をつくり将来世代へ引き継いでいきます。
・淀川から海へ流れ出るプラスチックごみを回収し、海の豊かさを守ります。

きっかけ

2012年より淀川河川敷の清掃活動を行っています。
淀川クリーンアップ活動は1880年に伝法で創業した当社が、2012年より「130年分の恩返し」として始めた清掃活動です。はじめは約20名でスタートしたこの活動は毎年参加者が増え、現在では此花区役所の方々や小学生も活動に参加して下さり約200名の規模となりました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法わたしたちは大阪市此花区の淀川で活動を行っていますが、今後全国の河川等で清掃活動が広がっていくことを期待します。
共創を希望する方々河川や海を美しくしていきたいと願う方々と共に取り組んでいきたいです。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

美しい河川や海を守ることは、未来社会を輝かせるものになると考えます。
いのち輝く未来社会の実現のためにわたしたちひとりひとりが当事者意識を持って行動するきっかけになれば良いと考えます。

SDGsとの関わり

美しい河川は心を豊かにし、住み続けたい街のシンボルとなります。
河川で清掃活動を行うことで大切な海を海洋汚染から守ります。

■お問合せ先

鴻池運輸株式会社 営業本部 大阪

konoike_sales_osaka@jpa.konoike.net

 

このチャレンジの投稿

  • 4月16日に淀川クリーンアップ活動を実施しました。

    4月16日(土)に淀川クリーンアップ活動を実施しました。 当日はKONOIKEグループの従業員および家族を含め120名が参加し、45リットルのごみ袋151袋分のごみを回収しました。   一見綺麗に見える河川敷ですが、近づいて見ると拾いきれないほど多くのごみが落ちていました。 ごみの多くはペットボトルの蓋やビニール袋等のプラスチックです。 今後もこの活動を通して、海へのプラスチックごみの侵入を防ぎ、海の生物・豊かさを守っていきたいと考えています。   ■お問合せ先 鴻池運輸株式会社 万博・IR室 konoike_sales_osaka@jpa.konoike.net

    続きをみる