未来医療が生まれる場にSDGsを広げよう!

共創チャレンジ

2021.12.03

法人

チーム名Team コングレ 03
共創メンバー三川 圭祐(株式会社コングレ)
恩田 悦志(株式会社コングレ)
青木 咲恵(株式会社コングレ)
主な活動地域日本
活動テーマ科学技術、バイオテクノロジー / 健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / 感染症対策 / 地域活性化 / Society5.0 / 海外支援・協力、国際交流 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

私たちが全国で運営に携わる医学会の現場において、大阪・関西万博のPR・告知をすることにより、医療関係者からの大阪・関西万博やSDGsへの関心と期待感を高め、あわせて、医学会関連のSDGsに取り組む企業・団体(共創パートナー・共創チャレンジ参加者等)などの活動を紹介・PRすることにより、未来医療を作り上げる当事者の医学会参加者の更なるSDGsへの関心を高め、医療現場におけるSDGs達成に繋げます。

また、2024年春、中之島にオープン予定の「未来医療国際拠点」1階のカンファレンスセンターの運営を担当しており、万博開催前の発信拠点としての役割を担うことも可能です。さらに、万博終了後も同拠点でのさまざまなイベントを通じて、万博のレガシーを未来医療に引き継ぐ活動をしていきたいと考えております。

未来への宣言

大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に深くかかわる医療現場へSDGsの取組を用いた機運醸成を図ることで、より良い未来医療の実現を目指します。

きっかけ

医療分野でのコンベンション企画・運営で得たノウハウやネットワークを活用して、「未来医療」に貢献していきたいという思いがあります。未来医療に結びつく「医学会の現場」では様々なイノベーションが生まれており、その空間において「未来医療」に繋がるSDGsへの関心を高め、達成のきっかけづくりができると確信しております。

取組の展開

今後展開したい地域・方法日本全国で当社が関わる学会の主催やお付き合いのある学会事務局様に対して、大阪・関西万博のテーマや開催の認知度アップのための各種の働き掛けを行います。あわせてSDGsに取組む企業・団体(共創パートナー・共創チャレンジ等)の紹介・PRブースを提案するなどして、大阪・関西万博のテーマの浸透や医療現場の方々のSDGsへの理解促進に努めます。
共創を希望する方々医療現場や医学会に関係する施設やイベントにおいて、共に大阪・関西万博をPRし、互いの持つネットワークを生かして医療と万博を結びつける企画やイベントを育てていける方。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

人の集まる場をつくることを本業とするコングレは、「人と人」、「人と情報」が繋がるチャンスを生み出すこともできるため、多くの人の知恵と希望を集めて創り上げる「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現にも大いに貢献することができると考えます。

SDGsとの関わり

人が集まり繋がる場をつくるということは、多くの人に未来医療の可能性を発信することができ、パートナーシップの創出に貢献できます。また同時に、人の集まる場では多くの資材やエネルギーが使用されることも事実であるため、現場では環境に優しい素材やリユース・リサイクルの観点を大切に、主催者にも来場者にもSDGsへの意識を高めていただける現場づくりを目指します。

▼問い合わせ先について

団体名(部署名):株式会社コングレ

担当者名:恩田 悦志・青木 咲恵

メール:teamexpo-03@congre.co.jp