大阪の中心地「大阪船場」の地域資源を活用したアーバンツーリズム創出プロジェクト

共創チャレンジ

2022.04.21

法人

チーム名アーバンツーリズム大阪船場プロジェクトチーム
共創メンバー船場まつり推進協議会
船場博覧会実行委員会
桃山学院大学ビジネスデザイン・ラボ
エイベックス・エンタテインメント株式会社
一般社団法人アーバンツーリズム大阪・船場
大阪商工会議所
北御堂(浄土真宗本願寺派 本願寺津村別院)
大阪船場ホテル連絡協議会
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマスポーツ / 食 / 文化・芸術(アート) / エンターテイメント / 音楽 / 観光、インバウンド / 地域活性化 / ものづくり、サービス / 生活用品、ファッション / コミュニティ・まちづくり、住まい / こども、子育て、教育、次世代育成 /

私たちの共創チャレンジ

多くのホテルやタワーマンションが立ち並ぶとともに、問屋街として物流の拠点でもある大阪の中心地「船場地域」を、「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」をテーマに観光まちづくりに取り組みます。都会の営み感じる街並みや歴史文化に触れながら、飲食、買物、芸術芸能、寺社仏閣、行事など、都市が持つ多様な資源と魅力を観光資源としてコンテンツ化を図ることで、都市を文化的空間とみなす旅行スタイル「アーバンツーリズム」の地として、国内外の多種多様な人々の交流拠点を目指します。

未来への宣言

2025年大阪・関西万博を通過点に「ひと・もの・こと」行き交う大阪 船場の新たな魅力を世界に発信します。

きっかけ

大阪・船場地区は、南北に繁華街のキタやミナミ、東に大阪城、西にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンが位置する大阪観光の中心地で、近世からの町人文化の文芸・芸能はじめ、商人が育んだ商い文化(町人文化)、食文化、歴史的建造物など今なお多く残っています。これらの歴史・文化をはじめ各観光都市とは異なる特徴を活用した、アーバンツーリズムの確立とコンテンツ造成への取組が、令和2年度観光庁「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業(第二次)に採択され、国内を代表する都市観光の拠点をを目指す取組を進めています。

取組の展開

今後展開したい地域・方法地域:大阪船場を滞在拠点とし、関西及び西日本の観光地へ広げていきます。
方法:船場地区内のホテルや各事業者が参画する組織を設立し、波及性ある事業連携の実施します。
   繊維のまちとしての魅力発信等、イベント等を通じて地域のブランディングを行います。
共創を希望する方々観光産業及び関連サービスを行う事業者及び団体

大阪・関西万博のテーマとの関わり

大阪の中心地「船場」の魅力と価値を高め、「ヒト・モノ・コト」をつなぐ魅力あふれる観光まちづくりを目指すことで「いのち輝く未来社会のデザイン」に繋げていきます。

SDGsとの関わり

観光都市を目指すことで、・人々が交流する仕事を創出し働きがい・経済成長につながる・観光まちづくりを基盤に新しい産業や技術革新を促進する・多種多様な事業者とのパートナーシップで実現する

<お問合せ先>
アーバンツーリズム創出プロジェクト
担当 久保田
office@semba-osaka.com 

イベント

  • 大阪船場コレクション

    日時2022.05.05 13:00〜 17:00
    場所北御堂(浄土真宗本願寺派 本願寺津村別院)
    共創チャレンジ大阪の中心地「大阪船場」の地域資源を活用したアーバンツーリズム創出プロジェクト

    続きをみる