自然災害伝承碑スタンプラリー

共創チャレンジ

2021.12.03

法人

チーム名Lobal (LocalからGlobalへ)
共創メンバー田中 尚寛(田中手帳株式会社 代表取締役)
前岡 孝範(田中手帳株式会社)
岸本 行正(弁護士・中小企業診断士)
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ地域活性化 / 防災・減災 /

私たちの共創チャレンジ

私たちの命を守る防災教育の重要性を訴えるとともに、地域の活性化、国内外からの旅行者への観光資源の発掘を図りたいと考えます。

具体的には、全国各地にある「自然災害伝承碑」を訪れ位置情報をアプリに開示すれば、リアルスタンプがもらえるスタンプラリーの仕組みを創る共創チャレンジに取り組みます。

アプリやスタンプラリー用紙などにはこれからの社会の担い手となる若者のプロジェクトデザイン力を駆使し、「映えないもの」をいかに「映えるもの」にするかという課題にも挑戦し、身近に感じながら楽しく学べるスタンプラリーという形で「自然災害伝承碑」の周知を行っていきたいと考えます。

未来への宣言

残すべきものは、後世に必ず残す、という文化を築きます。

「現役」世代と「卒業」世代の交流による「伝承文化」を築きます。

きっかけ

国土地理院は2019年3月15日に13年ぶりとなる新しい地図記号「自然災害伝承碑」を発表しました。それに続き2020年8月21日より、地理院地図上でそのデータの提供を開始し、過去の災害教訓を後世に残すことにより防災啓発を図る取り組みを始めました。

また、東日本大震災後に改正された災害対策基本法では、住民や国・地方公共団体が災害教訓伝承活動に務めるよう定められました。我々は、災害教訓は絶対に風化させてはいけないという責務を負っています。

しかし、「自然災害伝承碑」の周知・普及は残念ながら進んでいないのが現状です。

田中手帳(株)は、創業以来「きのうと今日とあしたをつなぐお手伝いをする会社」として、「体験」や「思い」など目に見えないものを手帳という目に見えるものにし、残していくお手伝いを長年して参りました。
先人たちの災害体験や、それを後世のために残していこうという強い思いは目に見えないものであるため、我々が時代に即したかたちで目に見えるものとしてつないでいくべきものであると切に感じました。

災害の教訓をいかに後世に伝えていくのか、という課題は「TEAM EXPO 2025」プログラムの参加型プログラムを通じて、共創チャレンジのメンバー、共創パートナー、のそれぞれの強みを持ち寄ることでしか、成し遂げることができない課題と考え、チーム「Lobal」を立ち上げました。

参考:自然災害伝承碑(国土交通省国土地理院) https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/denshouhi.html

取組の展開

今後展開したい地域・方法大阪から関西へと展開し、2030年までには全国へ普及させたいと考えています。
                       
バーチャル技術は日進月歩進化していますが、実際に足を運び、先人が残してくれた災害教訓を「自分ごと」として捉える体験は大切なものであると考えます。

全国をカバーする郵便局などの組織と共創することにより、現地を訪れ位置情報をアプリに開示すれば、スタンプがもらえる仕組みを創っていく予定です。
デジタルが伸長すればするほど、紙とスタンプ(リアルなもの)への愛着は高まるであろうと考えます。
共創を希望する方々1,地元愛のある方:地元ファースト
(我が村・町にある伝承碑の存在を知り、災害リスクを認識することが防災上、最も重要な「地域防災」につながります)
 
2,スタンプの管理・押印が出来る全国をカバーする組織
(郵便局やそれと連携しているコンビニエンスストア等)
     
3,碑にQRコードなどを設ける経済負担の削減、「ありのままに残す」景観保全のためにも、位置情報を利用したアプリケーションの開発ができる方、またそのアプリでローカルグルメなどを紹介し地域活性化のお手伝いをできる方
(継続して行える取り組みにしていくには、地域への経済的メリットが必要であると考えます)

4,プロジェクトデザイン力のある学生や若者

大阪・関西万博のテーマとの関わり

先人の後世への強い思い(災害伝承)を未来につなげることにより、「いのちを救い」「いのちをつなぐ」取り組みとしていきたいと考えます。

SDGsとの関わり

防災・減災の基本は「備え」です。
「備え」は防災啓発・教育により生み出されます。
チャレンジメンバー・パートナーのそれぞれの強みを持ち寄ることにより実現可能なプロジェクトであると思います。                     

【問い合わせ先】

電話番号 06-6681-8648
メール tanakanao@tanakatechou.co.jp
田中手帳株式会社
担当者 田中尚寛 / 前岡孝範

※サムネイル画像は国土地理院ウェブサイト内の写真をもとに田中手帳株式会社が加工して作成しました。