わたしめいし™で多様な人との共創を楽しもうチャレンジ

共創チャレンジ

2021.03.09

法人

チーム名わたしめいし™プロジェクト
共創メンバー佐々木 千博(株式会社佐々木感動マーケティング)/浅井 辰彦(中小企業診断士)/藤森 薫(中小企業診断士)
主な活動地域日本

私たちの共創チャレンジ

万博を通じて新しい文化や習慣が生まれてきました。缶コーヒー、ファーストフード、ピクトグラム、NPO等々。2025年の万博開催に向けて新しい習慣を提案し、万博に参画したいと考えております。具体的には「わたし」をカードに表現し、名刺を補完する個性の発信・交流ツールとする事で、多様性豊かな人たちとの共創連携の推進を目指します。

未来への宣言

「いのち輝く未来社会」とは、一人ひとりの個性と長所が尊重され、活かされる社会です。そのためには、組織の中の自分だけでなく、一人ひとりが個性と長所を発信し、交換しあう文化を必要です。組織と、組織の中の自分を発信するツールとしてビジネスカード(名刺)がありますが、名刺にプラスして、「わたし」も一緒に交換するレガシーを創ります。

きっかけ

Facebook等の登場は、オンライン上での匿名文化を破壊し、個人が世界に「わたし」として発信・つながる世界を創出しました。今や、オンラインの世界では、「わたし」が重要な地位を占めています。一方でビジネスの世界においては、いまだ「個性の見えない会社名刺」の世界です。「組織の中のわたし」だけでなく、「わたし」も一緒に発信・交換できれば、ビジネスの世界ももっとオモシロくなると考えます。リアルな紙カードの交換文化や、わたしを発信するデジタルツールの活用方法を通じて、拡げていく活動を開始しました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法①万博を知り、楽しむだけでなく自分が主人公になる参加型万博のコンセプトやSDGsを学ぶ。
②自らを振り返り、2025年までに挑戦したい事を「わたしめいし™」表現する。
※①②は啓蒙イベント開催
「わたしめいし™」交換を通じて、万博に向けた各人の想いや価値観を交換する。
共創を希望する方々・名刺に関わりのある会社・団体
・「わたし」の表現に関わる会社・団体・個人
(例)SNS各社、情報誌、クリエイター
・「TEAM EXPO 2025」共創パートナー・共創チャレンジの皆様
・機運醸成イベントの会場提供や集客

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「いのち輝く未来社会」とは、一人ひとりの個性と長所が尊重され、活かされる社会と考えてます。それをビジネスの現場でも、ビジネス以外の場面でも、老若男女問わず(一人も取り残さず)、簡単に、あいさつ代わりに、その人の個性や長所を交換できるカード「わたしめいし™」を交換する事で個性の発信・交換を増やす事、及び個性の掛け算により様々な化学反応が生まれ、創発的な社会づくりを加速させます。

SDGsとの関わり

「わたしめいし™」は、活動自体がSDGs17番「パートナーシップ」を生み出す装置であるという事と、一人ひとりの等身大チャレンジを自由に書いてもらうことで全てのSDGsゴールに関心を深める取り組みです。

リアルワークショップ風景
オンラインワークショップ風景

 

 

 

 

 

 

 

■私たちにできること

人材

中小企業診断士、キャリアコンサルタント、気象予報士、大企業のサラリーマン、中小企業の社長

ネットワーク

関西の各種支援機関・各種士業・専門家・中小企業とのネットワーク多数

技術・ノウハウ

コンサルティングノウハウ、ネットワークノウハウ等

 

■ この共創チャレンジに関するお問合せ先 ■

電話番号:080-5316-1226

(お問い合わせ頂く前にメールでの連絡をお願いします。)

電子メール:watashi.meishi@gmail.com

株式会社佐々木感動マーケティング 〔担当者:佐々木千博〕