ワクワクするサステナブルを目指して。

共創チャレンジ

2021.10.18

法人

チーム名株式会社ミーグリング
共創メンバー平川
主な活動地域日本 / 東京
活動テーマ健康・医療(ライフサイエンス、ヘルスケア) / スポーツ / エンターテイメント / 生活用品、ファッション / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / 海洋、水 /

私たちの共創チャレンジ

今世の中には様々な防寒具が有ります。その防寒具の多くに様々な中わたが充填されています。中わた入り商品は縫製が多いため分解しにくく、修理も難しい特性をもちます。その一方で生活必需品のため、大量消費(廃棄)が前提となる商品が多いです。弊社は、そこに社会課題を感じ、修理・修繕しやすく、分解・分別も簡単で、長く着ることを前提としたパテッド製品の製造方法を考案し商品化までしました。

一方で、こうした考えや商品を世の中に広めたい思いの実現には、しっかりとした理念と解決力が必要だと考えています。これから先は、自社に閉じず、コンセプトに共感くださる参画企業様との「共創」で、多くの人がワクワク・カッコいいと共感される理念やアイテムを世の中にアピールしていきたいです。まずは、弊社が得意な、使い捨てでなく循環できる構造の商品普及を加速させ、修理が当たり前な市場の開拓を目指し様々な取り組みを世界に向けてアピールできる基盤を目指します。

未来への宣言

・リペアによる環境循環型付加価値への挑戦。
・細分化する個性を尊重し、光る個性を応援。
・幅広い共存方法を模索し、アパレルを通じ発信できる企業を目指す。
着れば着るほど価値を生むそんな商品で、すべての方が快適に着れる商品を目指し、そのアパレルから情報発信できる。
そんな幅広いパテッド製品を目指します。
まずは人間が生活する根幹となる衣・食・住へのイノベーションを目指します。

きっかけ

弊社はもともと寝具をメインに扱う業者でした。
そのため知名度やデザイン力が弱く「かっこいい」と共感を得られる商品開発や市場構築が弱いと感じています。
垣根を超えた業界とのつながりを広げ、新たな取り組みによる改善を目指しています。

未来につながるワクワクして「かっこいい」そんな共創を目指したいと考え応募しました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法日本はもちろん世界各国へ向けてメッセージを発信できる基盤を目指していきたいです。
共創を希望する方々新たな地球との共存方法へのチャレンジを目指している方で、
・一つの業界だけでは限界を感じ、様々な取り組みにより新たなイノベーションを目指している方。
・共同体では出来ない取り組みを考え、新たなオープンイノベーションとしての取り組みを模索している方。

大阪・関西万博のテーマとの関わり

国連貿易開発会議(UNCTAD)によるとアパレル業界は世界2位の汚染産業として指摘をされました。大量消費をする商品の為社会に生きる一員として何とかしなくてはいけない事案です。子々孫々と続く未来の為に今できることは目の前にある実現可能なことを進めること。
業界の垣根を超えた取り組みを目指し、さまざまな取り組みを多角的にチャレンジし、垣根のない幅広い方へおすすめできる商品を目指すことにより、解決方法を模索します。
まず海に囲まれ多くの恩恵を受けた日本として海洋汚染とゴミの軽減を目指します。

SDGsとの関わり

ゴール6 水・衛生
―すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する
MeengRingの製品は特殊構造により、マイクロプラスティック問題の原因となる中わたから発生する繊維くずの流出を減らします。また、洗濯しやすいパテッド製品の開発により、間接的に工業洗濯による汚水も削減できるなど、さまざまな水質汚染の軽減を目指しています。


ゴール9 インフラ、産業化、イノベーション
―産業と技術革新の基礎を作ろう 強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。
MeengRingの製品は、分別・分解・修理が可能な構造に改良するなど、商品寿命を伸ばす技術の開発を推進していきます。

ゴール11 持続可能な都市
―包括的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市および人間居住を実現する。
細かいごみの分別を想定した構造になっており、パテッド製品におけるごみの減少や、リサイクル活動を推進します。

ゴール12 持続可能な消費と生産
―持続可能な生産消費形態を確保する
MeengRingの製品は特殊構造で汚れを洗いやすくすることで、製品としての寿命を伸ばしています。 また、修理・分解・分別しやすい構造は廃棄物の削減に貢献し、限りある資源を無駄にしません。