~SDGsの取り組みを全国へ発信~

共創チャレンジ

2021.08.03

法人

チーム名キャスト
共創メンバー【Deep People】平田(甲南大学)、 難波(大阪大学大学院)、中原(関西大学)、齋藤(札幌市立大学)、他
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマこども、子育て、教育、次世代育成 / 地域活性化 / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

SDGsに取り組む教育機関や企業、行政などへ学生自ら取材をし、2030年まで発刊予定の広報誌「SDGs YOUth Acton」に記事を掲載していきます。

広報誌「SDGs YOUth Acton」0号はこちら↓
https://www.youth2030.jp/assets/pdf/youth-tabloid0gou.pdf

活動内容①<広報誌「SDGs YOUth Acton」の企画・編集>
「SDGs YOUth Action」は、小学校〜大学・専門学校までの教育機関に向けた情報誌です。1年間に、2〜3号発行することを目標にしています。掲載内容は、「SDGsに取り組む企業の紹介」や「SDGs教育に取り組む教育機関の紹介」などで、学生が企画立案から記事の執筆までを行っています。

活動内容②<学生のスキルアップを目的とした企業との共同イベント企画>
学生チーム「キャスト」では、学生メンバーの活動スキルアップのために、関連するスキルをもつ企業様と共同で行うイベントの企画立案を行っています。イベントを通じて、メンバーのスキルアップを図り、学生主体で、さまざまな活動が展開できることを目指しています。

未来への宣言

学生自ら取材し記事にすることで、SDGs を知るきっかけ、取り組むきっかけづくりを!

きっかけ

この活動を持続可能にするためには、学生が引き継いでいかなければなりません。SDGsを広めたいという思いのある学生をより多く集まってほしいという思いから始めました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法関西を中心に全国へ広げていきたいと考えています。
共創を希望する方々SDGsに関心があり、広めていきたいという考えのある大学生

大阪・関西万博のテーマとの関わり

教育機関へSDGsに関する情報を伝えることで、より多くの子ども達にSDGsを知って、取り組んでもらえると思います。それは大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」に繋がります。

SDGsとの関わり

SDGsを学びたい、広めたいという思いのある学生のために、企業様とパートナーシップを組むことでこのチャレンジを行うことができます。
情報誌を読んでいただくことで、ユース(若者)にSDGsに関するアクションを起こしていくきっかけになれば光栄です。

 

■学生団体「キャスト」について

 

  • 「キャスト」は、関西SDGsプラットフォーム教育分科会SDGsナレッジラボに所属する大学生6人を中心に今年3月から活動を開始した学生団体です。

  • 関西SDGsプラットフォームと公益社団法人2025年日本国際博覧会協会により毎年開催される「関西 SDGs ユースアクション 」への教育機関や学生の巻き込みを目的に活動しています。

  • キャストでは、様々な学生が広報誌の発行を通じて、情報発信を行っています。