BIOSTYLE PROJECT

共創チャレンジ

2021.08.03

法人

チーム名京阪ホールディングス株式会社
共創メンバー中井、北田
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ食 / 文化・芸術(アート) / エンターテイメント / 観光、インバウンド / 地域活性化 / 農業、林業、水産業 / 工芸 / ものづくり、サービス / 生活用品、ファッション / コミュニティ・まちづくり、住まい / 環境、エネルギー / 循環型社会、サーキュラーエコノミー / モビリティ、交通 / ロボット、AI /

私たちの共創チャレンジ

「BIOSTYLE(ビオスタイル)」は、人にも地球にもいいものごとを、毎日の生活の中に、楽しく、無理なく、取り入れていく ことができる明るい循環型社会の実現を目指す、京阪グループが新たに提案するもので、「京阪版のSDGs」として、未来に向けた新しい活動を次々に展開してまいります

未来への宣言

健康的で美しくクオリティの高い生活を実現し、循環型社会に寄与するライフスタイル「BIOSTYLE」を中心に社会課題の解決に資する商品・サービス・事業を創造するとともに、ESGに配慮した事業活動を強化することにより、SDGs達成に貢献し、社会と調和した持続的成長を目指します

きっかけ

「TEAM EXPO 2025」のコンセプトであります、『大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を実現し、SDGsの達成に貢献するために、国内外において多様な参加者が主体となり、理想としたい未来社会を共に創り上げていくことを目指すプログラム』に共感しました。
さらに、「みんながつくるワクワクが、きっと未来の社会にかわる」が、当社「BIOSTYLE PROJECT」のコンセプトであります「人にも地球にもいいものごとを、毎日の生活の中に、楽しく、無理なく、取り入れていくことができる明るい循環型社会の実現を目指す活動」と同じ温度感であることを強く感じました

取組の展開

今後展開したい地域・方法【地域】
京阪沿線をはじめとした、京阪グループの全事業エリア
【方法】
当社施設・サービスを使って、BIOSTYLE(京阪版SDGs)を具現化
共創を希望する方々BIOSTYLE・SDGs視点でのグループ施設・商品・サービスとの事業連携、アイデア創出および活用を希望される方

大阪・関西万博のテーマとの関わり

「BIOSTYLE」を“京阪版SDGs”と位置づけ、未来に向けた新しい活動を他社に先駆けて次々に展開することを目指すことが、ひいてはSDGsの達成につながると認識しており、これは大阪・関西万博のテーマと合致するものであると認識しております

SDGsとの関わり

【17】まさに「共創」
【11】これからも日常を支えたい
【12】商品、製品など扱うものがその場限りではなく、末永く関りをもって

2019年12月に京都・四条河原町に「BIOSTYLE」のフラッグシップ施設「GOOD NATURE STATION」を開業したほか、㈱ビオスタイルが美容薬理㈱と共同開発したオリジナルブランドのコスメ「NEMOHAMO(ネモハモ)」、京阪バス㈱が関西電力㈱、ビーワイディージャパン㈱と業務提携し運行する電気バス、全国の百貨店で唯一、直営の食品部門を持つ㈱京阪百貨店が仕入先メーカー、ミートパッカー、生産者および飼料会社と一体となり開発した精肉ブランドなど、グループ内のみにとどまらず、5つの「GOOD(GOOD for Health/Minds/Locals/Social/Earth)」に資する取り組みを共創して進めております。

ぜひ、皆さんと新たな共創を!

このチャレンジの投稿

  • 「未来は、楽しく変えていこう。KEIHAN BIOSTYLEキッズ号」を運行

     京阪電車の省エネルギー車両を代表する13000系車両に、子供たちが描く作品で作ったポスターを掲出し「未来は、楽しく変えていこう。KEIHAN BIOSTYLEキッズ号」として運行します。  当該車両に掲出するポスターは、京阪グループが定めるBIOSTYLE PROJECTガイドライン(注1)に則った2つのテーマを掲げ、「キテミテ中之島2021」「京阪Kids絵画展」の各イベント主催者が募集し、その応募作品の一部を用いて制作します。 1つ目は、「GOOD for Earth(地球に良いか)」を考える企画として、「BIOSTYLE PROJECT」の認証事例のひとつであり、行政、地域の企業、幼稚園等と連携して中之島エリアで2012年より継続開催しているアートイベント「キテミテ中之島2021」において募集するものです。昨年に引き続き「『みんないきものがたり』つづくよどこまでも」を募集テーマに、同じ地球で共に暮らす生き物に目を向けることで、子供たちと地球環境や命の大切さについて考えます。  2つ目は「GOOD for Locals(地域に良いか)」を考える企画として、京阪電気鉄道が毎年実施している絵画イベント「京阪Kids絵画展」において、「つなげよう未来へ 京阪電車と私の住むまち すてきな風景」をテーマに募集するものです。子どもたちが大切に想う沿線風景、その美しさを持続させていくことが私たち京阪グループの役目だと考えます。 (注1)京阪グループでは、グループ各社が積極的にBIOSTYLE PROJECTに取り組めるよう、「GOOD for Health(体に良いか)」「GOOD for Minds(心に良いか)」「GOOD for Locals(地域に良いか)」「GOOD for Socials(社会に良いか)」「GOOD for Earth(地球に良いか)」の5つの活動ガイドラインを設けています。   「未来は、楽しく変えていこう。KEIHAN BIOSTYLE キッズ号」の概要 1.運行期間    2021年11月20日(土)~12月26日(日)【予定】 2.使用車両    13000系(7両編成)  同車両は走行時の消費電力を従来車両に比べ約65%に低減し、2次車以降では車内灯、前照灯にLEDを採用しています。 3.掲出内容    「キテミテ中之島2021」「京阪Kids絵画展」の各企画で応募されたお子さまの作品の一部を複写しポスターとして掲出します。  ※応募作品現物は掲出しません。 ※応募作品はすべて両イベントの各特設会場に展示します。  ■駅からはじまるアートイベント「キテミテ中之島2021」応募作品   「GOOD for Earth(地球に良いか)」を考える企画として、京阪ホールディングス他が主催するアートイベント「キテミテ中之島2021」において、「『みんないきものがたり』つづくよどこまでも」をテーマに募集するもの。 ■「京阪Kids絵画展」応募作品   「GOOD for Locals(地域に良いか)」を考える企画として、京阪電気鉄道が主催する「京阪Kids絵画展」において、「つなげよう未来へ 京阪電車と私の住むまち すてきな風景」をテーマに募集するもの。 4.各イベントの詳細(応募方法等)について 「キテミテ中之島2021」「京阪Kids絵画展」の各作品の募集期間、応募資格、応募方法等については、「キテミテ中之島2021」ホームページをご確認ください。http://www.keihan.co.jp/traffic/kitemite/

    続きをみる