ジェンダーレス・アートエールプロジェクト

共創チャレンジ

2021.06.04

法人

チーム名アートエールプロジェクト
共創メンバー美宝れいこ(パラレルキャリア推進委員会)、日比谷 拓(avex art agency project)、加藤トム(avex art agency project)、河口 沙月(avex art agency project)
主な活動地域日本
活動テーマ文化・芸術(アート) / ダイバーシティ、インクルーシブ / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

アート(作品)を通して、企業や個人のジェンダーレスに対する考え方を社会全体に広めていきます。各企業が抱えているジェンダーレスに対する取り組みや方針をアーティストが作品として形にして、コンテストを定期開催しながら企業の発信に活用していただきます。企業からジェンダーレスの輪が広がっていくことで、個人の意識や無意識の固定観念に対して気づきを与えるプロジェクトにしていきます。

未来への宣言

誰もが生きやすいジェンダーレスの社会を創り、1人1人が"個"として輝ける未来へ貢献します!

きっかけ

パラレルキャリア推進委員会は女性支援団体として女性活躍を推進してきました。この中で女性が働きやすくなるためには、周囲の協力に加え、女性自身の考え方のアップデートも必要だと考えています。女性だから(子供を産むべき、家庭を大事にすべき)、という固定概念は、裏を返せば男性だから(成功すべき、家族を養うべき)、という思想から生まれているのかもしれません。そうして、それらの固定概念は、無意識のうちに私たちの常識となり、足枷となります。

一方で、共働き世帯の増加、企業のダイバーシティ活動(LGBT等)など、ジェンダーに対する考え方は、ここ数年で大きく変化しています。

変化しつつある社会の中、家庭、学校、職場などの日常の特定の場面において、無意識に私たち自身の足枷となっているジェンダーへの固定観念に対して、気づきを与えるアート作品を広めていくことで社会へのメッセージとして届けたいと思いました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法オンラインを活用したコンテストやプロモーション活動を行っていくので、全国規模で展開していきたいと考えています。
共創を希望する方々ジェンダーレスに興味関心がある企業様
また、メディア関係者の皆さま

大阪・関西万博のテーマとの関わり

2025年、大阪・関西万博は『世界中の「いのち輝く未来」が集う万博』をひとつのテーマに掲げ、開催されます。4年後の近い未来を想像したとき、「いのち輝く未来」を実現するために、ジェンダー平等は欠かせないテーマになります。1人1人がジェンダー平等に向き合い、「いのち輝く未来」につなげていけたらと思っています。

SDGsとの関わり

このプロジェクトは、SDGs 5番ジェンダー平等を実現するための取り組みになります。ジェンダー平等が社会全体に広がっていくことで、8番の働きがいにもつながっていきます。そして、このプロジェクトを女性支援団体のパラレルキャリア推進委員会とアート事業最大手のavex art agency projectがパートナーシップを組むことで目標達成に向けて活動をしていきます。