栃木県の魅力、全国へ届け!栃木県25市町バーチャルライバープロジェクト!

共創チャレンジ

2023.06.13

法人

チーム名#とちぎけんV25
現在の活動地域 国/地域日本 栃木
活動テーマ
■共創チャレンジの内容

栃木県の魅力を、ライブ配信を通じて全国に届けたい!
そんな想いから生まれたバーチャルライバーユニットが「#とちぎけんV25(ぶいにいご)」!!
25市町全てのメンバー創出を目指して奮闘中!

関東でも有数の観光地を持っていたり、都内からも近く利便も高いにも関わらず、魅力度ランキングで最下位になったり、「日光って栃木県だったの?!」など衝撃的なことを言われたり…
そんな栃木県を勝手に応援する、完全民間発、スタッフからメンバーまで栃木愛強めのチーム構成のプロジェクトです。

コロナ禍でフィジカルディスタンスを経験し、地方の企業やお店、特産品が悲鳴を挙げたのをきっかけに、ライブ配信の力、あらゆる可能性を見出しスタートしました。
地域PRに伴う地域活性化や、夢を成し遂げていくだけでなく、メンバーの魂を含めた栃木愛や発信力・表現力の向上も見込み、次世代人材育成にも貢献します。
リアルでもバーチャルでも。その両方で栃木県を盛り上げていく、それが#とちぎけんV25のテーマです。

■展開したい地域

Official Webでは、地元企業のバナー協賛があり、県内企業との繋がりができたり、クロスメディアや広報のエンタメ化、自社だけではなかなか取り組めないサブカルコンテンツの参入にも役立てます。
そしてなんといっても当プロジェクトの魅力は、栃木県を、地元を愛するメンバーたちです。
観光地での展示やイベントにも活用でき、協力し合うことで、地元の魅力アピールもできます。
メインの発信をLIVE配信にこだわる理由は、なぜテレビショッピングが無くならないのかと同義で、生だからこそ伝わる魅力や説得力があるからです。いつでも見られる動画やSNSによるテキスト投稿とは違って、熱量と感情が伝わります。

この様々なフォーマットを活かして共創パートナーの皆様とのコラボレーションなども展開していきたいと考えております。

#とちぎけんV25を応援する「#とちぎけん民」(ファンネームと言います。)は全国多岐に渡ります。活動当初より県内には愛を向けて、基本の発信目標は県外や全国に向けて活動し続けているため、県外地域との合同キャンペーンや、合同イベントでの活用等も効果的と考えております。

■共創を希望する方々

・リアルとバーチャルによる地域活性化にご興味のある企業、団体、教育、個人の皆様

・栃木県を愛する栃木県内の企業、団体、教育、個人の皆様

・栃木県と関わりを持ちたい、連携したい全国の企業、団体、教育、個人の皆様

・そのほか、この活動を知り応援したいと考えてくださった皆さま

■大阪・関西万博テーマとの関わり

大阪・関西万博の基本計画にもある「多様でありながら、ひとつ」であったり、本格的なエンターテインメントを楽しめる万博などの性質に共感する部分がありました。

また、理念とテーマ事業にもある『他者のため、地球のために、一人ひとりが少しの努力をすることをはじめる。その重なり合い、響きあいが、人を笑顔にし、ともに「いのち輝く未来社会をデザインすること」につながっていく』その言葉が、まさに#とちぎけんV25の活動や“SDGs”の両方に共鳴することだと思っております。