新しい風を関西から!共創うちわプロジェクト

共創チャレンジ

2021.05.14

法人

チーム名読売連合広告社 TEAM EXPO 2025 プロジェクトチーム
共創メンバー岸部諒太、寺久保悠人
主な活動地域日本 / 大阪
活動テーマ文化・芸術(アート) / 地域活性化 / 環境、エネルギー / 大阪・関西万博の内容周知、テーマや意義の発信 /

私たちの共創チャレンジ

学⽣デザイン×企業のエコうちわで、世界最大級の“お祭り”である『2025大阪・関西万博』をクールに盛り上げたい!このプロジェクトを通して、多彩な企業や団体、学生等と共創し、関西から新しい風を巻き起こしたいと考えています。

未来への宣言

地元企業として、どんな小さなことからでも、関西の未来を盛り上げたい、そんな想いを実現するため、共創うちわプロジェクトがスタートしました。この共創うちわを通じてたくさんの方々とつながり、環境と社会にやさしい未来を描き、関西から世界へ新たな風を巻き起こすことを宣言します。

きっかけ

弊社は20年以上にわたって、日本三大祭である「天神祭」と「祇園祭」にて、オリジナルデザインのうちわを製作し、浴衣姿で涼を届けるサンプリング企画を実施しています。 今回は、そのノウハウを活かし、どんな小さなことからでも万博に携わりたい中小企業や団体、学生とともに、万博を盛り上げる一助になればと企画しました。

取組の展開

今後展開したい地域・方法関西圏の主要なお祭りやイベント会場、さらに他の地域でも、万博に興味のある中小企業や団体と連携して、万博をともに盛り上げていきたいと考えています。
共創を希望する方々・環境にやさしい素材、新しいうちわの形状について知見をお持ちの企業、学校、団体                                                                  ・うちわのデザインコンペにご参加いただける学校・学生団体                                 ・配布場所をご提供いただける方々                                 ・その他本企画主旨にご賛同いただける方々

大阪・関西万博のテーマとの関わり

『大阪・関西万博』は、4月~10月という“暑さ対策“が不可欠な季節に開催されます。高温多湿な日本では、古くからうちわは涼を届ける身近なアイテムとして愛されてきました。我々は温故知新の精神でうちわの素材やデザイン、形状を見なおし、環境や社会にやさしい『共創うちわ』づくりに取り組むことで、手に取られる方の心と体の健康を満たすことを目指します。

SDGsとの関わり

共創うちわは、環境面に配慮した素材を再利用することにより、廃棄物の発生を削減します。また、本プロジェクトを、未来を担う学生や多彩な関西の企業・団体が気軽に参加できる取り組みにすることで、『みんなでつくる万博』を具現化。一事業者だけではなく、さまざまな事業者が共創することで成り立つプロジェクトを推進し、パートナーシップを拡げていきます。

 

【お問い合わせ先】

法人・団体(部署):株式会社読売連合広告社(第一営業局第三営業部)

担当者名:寺久保悠人

TEL:06-6367-8313(直通)

メール:y_terakubo@yomiren.co.jp

 

天神祭 過去うちわデザイン
天神祭 過去うちわデザイン

 

 

祇園祭 配布時の様子